中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ

※債務会社の特定につながる情報は適宜修正・変更しており、推測、憶測等は固くお断り致します。

保証協会が代位弁済をし、代表者は破産申立をしなかった卸売業の破産事例

 業種 卸売業
 負債総額 4千万円(金融負債3千万円)
 問題点 代表者個人については,心情的に破産をしたくない。

 

ここがポイント

 中小企業代表者は金融機関からの借り入れについて,連帯保証をしていることが殆どですので,会社が破産する際には,代表者も破産の申し立てを行うことが通常です。また,金融機関の多くは,代表者についても破産申立をするよう求めてくることが多いといえます。

 しかし,代表者の中には,「どうしても破産をしたくない」とお考えの方がおられます。

 例えば代表者が高齢であるなどの事情があり,不動産等の処分を金融機関とともに行うのであれば,代表者個人については,必ずしも破産をしないことも考えられます。

 もちろん金融負債は残りますが,たとえば保証協会が代位弁済をしている場合などでは,必ずしも破産申立は必須ではありません

他業種の民事再生・破産の活用事例はこちらをご覧ください。

製造業の民事再生事例 商社の民事再生事例 小売業の民事再生事例
医療法人・社会福祉法人の民事再生事例 エステ及び関連美容業の破産事例 建設業の破産事例
ブライダル業の破産事例 電気設備業の破産事例 製造業の破産事例
卸売業の破産事例 飲食店の破産事例 介護事業者の破産事例
化粧品販売業の破産事例 衣料品小売店の破産事例  

 

民事再生関連ページ

民事再生とは 民事再生の絶大な効果 民事再生の活用事例  民事再生を成功させるには


※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)
  • 事務所紹介
  • 事務所の特徴
  • 弁護士紹介
  • アクセス
無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア

Contents Menu

Site Menu