中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 民事再生・破産の事例
  • 取引先を別会社に事実上引き継ぐことで、収益を守り、従業員の雇用も確保できた破産事例(建設業)

※債務会社の特定につながる情報は適宜修正・変更しており、推測、憶測等は固くお断り致します。

取引先を別会社に事実上引き継ぐことで、収益を守り、従業員の雇用も確保できた破産事例

業種 建設業
従業員数 4名
負債額 約1億3000万
債権者数 約30名

 

業績の悪化

 不景気による売上げの減少とそのために増大した借り入れの返済のため、業績が回復しても利益が残らない悪循環に陥っていた。さらに大口取引先の倒産が重なって、資金繰りが悪化した。
 

処理の内容

 依頼者の会社と代表者、代表者の妻が破産した。
 依頼者の事業は、受注した建築工事をさらに下請業者に下請に出すというものであり、自社での施工をほとんどしていなかったため、事業に不可欠な機械類等の資産はほとんどなく、代表者の個人的な人間関係や長年の信用力が事業の最も重要な要素となっていた。
 
 また、代表者の息子が別会社で同じ業務をしていた。そこで、依頼者廃業後は、従前の取引先を息子の別会社に事実上引き継ぐことで、廃業後も息子の別会社で従前とそれほど変わらない収益を上げることができた。
 

ポイント

 別会社の存在により、従業員も引き継ぐことができたため、従業員の雇用も確保することができ、手続後は代表者も別会社の従業員として稼働することができた。
 
 また、事前にスキームを検討しておくことで、仕入先や取引先への迷惑も最小限に抑えることができた。廃業後は、当事務所が全ての窓口となり、債権者に説明等を行ったため、特段混乱も強いクレームも生じることなく手続きを終了することができた。
 
 自宅が会社事務所と一体であったため、自宅からの転居は避けられなかったが、管財人との交渉の結果、申立から約4ヶ月の間自宅に居住することができた。また、金融機関の対応次第では、任意売却代金から引っ越し費用を支出してもらえる場合もある。

他業種の民事再生・破産の活用事例はこちらをご覧ください。

製造業の民事再生事例 商社の民事再生事例 小売業の民事再生事例
医療法人・社会福祉法人の民事再生事例 エステ及び関連美容業の破産事例 建設業の破産事例
ブライダル業の破産事例 電気設備業の破産事例 製造業の破産事例
卸売業の破産事例 飲食店の破産事例 介護事業者の破産事例
化粧品販売業の破産事例 衣料品小売店の破産事例  

 

民事再生関連ページ

民事再生とは 民事再生の絶大な効果 民事再生の活用事例  民事再生を成功させるには


※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)
  • 事務所紹介
  • 事務所の特徴
  • 弁護士紹介
  • アクセス
無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア

Contents Menu

Site Menu