中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ

会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

1)会社を破産させる場合、まずは会社の資金の状態や入出金の予定を確認し、代表者等と協議の上、廃業する日を決めます。

 

2)決定した廃業日までの間は、多くの場合、基本的にいつも通り、営業していただきます。

 

3)廃業日当日、弁護士より、債権者の皆様宛に、会社が破産する旨と、弁護士が受任していること等を記載した通知書を送付します。

 

4)廃業日以降は、弁護士が、会社の残余財産を全てお預かりし、売掛金を回収するなどして裁判所に引き継ぐ財産を確保したり、会社の状況や破産に至った経緯を裁判所に報告するため、資料を確保し、整理する等の作業を行います。

 代表者や経理を担当されていた方には、事情をお聞きしたり、資料の提供を求めることがありますので、ご協力いただく必要があります。もっとも、廃業日以降は、対外的な窓口は弁護士がつとめますので、債権者等と直接やりとりをしていただくことは、基本的にはありません。

 

5)裁判所へ引き継ぐ財産、資料等がそろえば、弁護士が管轄の地方裁判所に、破産申立てを行います。

 

6)破産申立が受理されると、裁判所が、申立を行った弁護士とは別の、破産管財人という弁護士を選任します。

 

7)破産管財人は、債権者のために、破産会社の財産状況や、破産に至った経緯を調査したり、換価できる財産を換価するなどの業務を行います。その結果、債権者の皆様に配当できる財産が集まれば、配当手続きが行われます。そのような財産が集まらなかったり、配当手続きが終了すれば、破産手続きは廃止(終了)となります。


経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。 会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

民事再生・破産に関するご相談メニュー
リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生 私的再建

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)
  • 事務所紹介
  • 事務所の特徴
  • 弁護士紹介
  • アクセス
無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア

Contents Menu

Site Menu