中小企業のための再生・破産相談

06-6311-0065 初回相談料無料。 まずはお問い合わせください。

  • トップページ
  • 会社破産
  • 民事再生
  • 解決事例
  • Q&A
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
  • HOME
  • よくあるご質問
  • 会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。

会社が破産する場合,代表者も破産しなければならないのでしょうか?

 代表者が破産しないでもよい場合があります。
 
 会社が破産する場合,会社の金融機関からの借入については,会社の代表者が連帯保証をしていることが多いこと,会社が破産すると,代表者は収入を絶たれることから,代表者も破産するのが一般的です。
 しかし,一定の場合,代表者が破産をしない場合もありえます。
 
 例えば,保証協会にのみ債務が残る場合で,代表者に年金収入以外残らない場合などは,破産をせず,保証協会と交渉の上,一定額の支払いを継続し続け,破産を回避する場合があります。
 特に,代表者がご高齢の場合で,再度起業するなどの可能性がなければ,上記手法により破産しないことがあります。
 
 また,代表者個人に残る負債が巨額ではなく,また,代表者が会社の破産後就職し,安定した収入が見込める場合,代表者については個人再生の手続きを採り,破産を回避することもあります。

経営者から寄せられる典型的なご相談 ~このようなお悩みはございませんか?~

会社が破産する場合、代表者も破産しなければならないのでしょうか。 銀行との交渉の仕方はどのように行えばよいでしょうか。 会社が破産すると、代表者やその家族の生活はどうなりますか。 執拗に連絡を債権者に、どのように対応すればよいでしょうか。 破産を回避する方法はありませんか。 会社の破産手続きの大まかな流れを教えてください。

お気軽にご相談ください 06-6311-0065

メールでの問い合わせはこちら

民事再生・破産に関するご相談メニュー
リスケジューリング 民事再生 会社破産 会社分割 会社更生 私的再建

※メールでは法律相談のご予約のみ受け付けています。メールではご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多いからです。ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)

大阪の弁護士による企業再生(ルート法律事務所)
  • 事務所紹介
  • 事務所の特徴
  • 弁護士紹介
  • アクセス
無料相談を申し込みたい方へ 再生・破産チェックシート 対応エリア

Contents Menu

Site Menu